あいさつ

森島 聡子

造血幹細胞移植医療体制整備事業
実施責任者
森島 聡子

琉球大学大学院医学研究科 内分泌代謝・血液・膠原病内科学講座 (第二内科) 准教授

造血幹細胞移植は、難治性の血液がんや造血不全の治癒を目指して行われる強力な治療法で、移植によって多くの患者さんの命が救われています。 沖縄は本州・九州からも遠く隔たった地域で、県を越えた患者さんの移動は他の地域に比べてハードルが高く、可能な限り沖縄県内で全ての移植医療を完結できる体制を作ることが必要と考えています。

沖縄県内で移植を実施しているのは当院を含めて2施設のみで、当院では県内の病院から移植のために紹介される患者さんを多く受け入れています。 移植を成功させるためにはタイミングを逃さず適切な時期に移植を行うことが必須であり、移植施設では県内の血液診療を実施している施設と綿密な連携を取りながら移植を実施しています。

厚生労働省は、全国どの地域においても質の高い移植医療提供体制の構築を目指して「造血幹細胞移植医療体制整備事業」を実施し、主に造血幹細胞移植医療を担う人材育成、造血細胞移植コーディネート支援、造血幹細胞移植地域連携を三本柱として事業を推進しています。

琉球大学病院は、令和2年度より、全国で12のブロック拠点病院のひとつ、沖縄ブロック拠点病院として選定されました。 私たちは本事業で、造血細胞移植専門医、造血細胞移植コーディネーター(HCTC)、長期フォローアップ外来(LTFU)担当看護師などの人材育成に取り組み、沖縄県の造血細胞移植成績の向上と患者さんの移植後の生活の質の向上を目指します。 また、沖縄県の日本骨髄バンクのドナー登録数は、人口1000人比で37.25人と全国平均の8.87人を大きく上回っており、都道府県で最多となっています。 沖縄県内の骨髄バンクドナーのコーディネート期間を短縮し、県内で骨髄・末梢血幹細胞採取を全て実施できる体制を整えます。 さらに離島も含めた地域の病院と連携を深めて、移植後も地元の病院で診療を受け、安心して生活・社会復帰ができるような体制作りに取り組みます。

移植を受けた患者さんに関わる様々な職種の皆さんがスムースに連携して、沖縄県内で質の高い移植医療を提供できるように努めます。皆様のご協力とご支援をよろしくお願い申し上げます。

百名 伸之

造血幹細胞移植医療体制整備事業
小児科責任者
百名 伸之

琉球大学病院 小児科 講師/診療教授

沖縄県では、1992年に初の同種骨髄移植が行われ、その後1997年に非血縁骨髄移植、2000年には臍帯血移植がスタートし、今日に至っています。すでに30年近い歴史があり、移植の県内完結を目指してその内容も着実に進歩しています。私が琉球大学病院の研修医であったころ、移植は夢のような治療で、多大な負担を強いられながら県外へ渡った患者さん達が思い出されます。

琉大小児科では、現在ほぼ全ての移植法に対応しており、県外紹介はありません。小児移植の特徴としては対象疾患が多種多様であることで、血液腫瘍以外にも固形腫瘍、先天性免疫不全症、先天性代謝疾患など、成人ではみられない移植も担っています。一方、小児特有の問題もあります。同胞ドナーも小児であることが多く、その人権擁護には慎重をきさねばなりません。また、患児は原疾患が治癒したとしても、慢性GVHDや成長障害、内分泌障害、性腺機能低下、妊孕性低下、二次がん等々の晩期合併症と長期に渡って闘わねばなりません。学業や進学の問題もあります。このような多様な問題に対しては多職種による長期フォローアップ外来で対応しています。しかし、まだまだ十分とは言えず、移植専門の医師、看護師、心理士、コーディネーターは不足しています。また、離島や遠隔地のこども達の負担も大きいものがあります。

この度、琉球大学病院は造血細胞移植推進拠点病院として認定されました。このことで、上記の様々な課題が解決する方向へ向かうこととなります。我々小児移植医は、多くのコメディカルと連携しつつ、患児とそのご家族に、生活の質も含めたよりよい医療を提供できるよう邁進いたします。

つきましては、皆様のご理解とご支援を賜りますよう、心よりお願い申し上げます。